美容コラム:ヘアケア

する、しないで大違い! カラーリングを美しく保つデイリーケア






カラーリングの色あせ、あきらめるしかないの?


 サロンで染めたばかりの時はつやつや鮮やかな色だったヘアカラー。お気に入りだった色が日に日にあせて、元の色と違う色になってしまったー!

悲しいけれど、カラーリングあるあるです。



 そもそも色が落ちてしまうのは、髪のキューティクルが開いてカラーリングの染料が流れ出てしまうから。それだけではなく、キューティクルが開きっぱなしになっていると、髪のツヤや手触りにも影響してきます。



つまり美しい髪色と髪質を目指すならキューティクルのケアが不可欠なのです。

それではキューティクルを守るためにはどのようなケアをしたらいいのか、その秘訣を伝授します。




日々のケアで髪色キープ!


 いつの間にかルーティン作業になっているシャンプー&トリートメントにスタイリング、いつもの手順を改めてチェックしてみましょう。

知らず知らずのうちにキューティクルを傷つけているかも? 

気づいたら即改善!


1,カラーに適したシャンプーを使う


 髪の洗いすぎはキューティクルの乱れのもとになります。シャンプーは洗浄力の強すぎないものをチョイスしましょう。おだやかな洗浄力のアミノ酸系のシャンプーがおすすめ。ラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムなどが含まれた高級アルコール系シャンプーは避けた方が無難です。


あわせて読みたい→ボトルの裏を見てズバリ解析! シャンプーに入っていると良い成分、悪い成分


 サロンでのカラーリング後、当日の夜に髪を洗うと染料が流れ出てしまいます。シャンプーは翌日からにした方が、色がしっかり定着します。


①まずはていねいに予洗い


 シャンプーをつける前にお湯でしっかり洗うと、汚れの89割が落ちるとも言われています。髪だけでなく地肌もしっかりぬれているか、頭皮をマッサージしながらきちんとチェックしましょう。熱すぎるお湯も髪を傷める原因です。

お湯は38℃程度が髪にも頭皮にもいいと言われています。少しぬるいと感じるくらいのお湯を使用してください。


②シャンプーはきちんと泡立てる


 いざシャンプー。ですが、シャンプーを直接髪や頭皮につけるのは厳禁です。泡立つまでに摩擦で髪を傷つけてしまいます。きちんと手の上で泡立ててから頭皮を中心に洗いましょう。




2,トリートメントはしっとりタイプで

 シャンプー後は、髪の表面をコーティングするコンディショナーではなく、髪の内部に栄養を浸透させるトリートメントを選んでください。カラーリングした髪は美しく見えても、健康な髪と比べると傷ついた状態です。トリートメントの中でも、より髪を補修するしっとりタイプがおすすめです。


①トリートメント前の一手間でもっと効果的に


 シャンプー後、そのままざっと水を切ってトリートメントを塗っていませんか? そうすると、せっかくのトリートメント成分が薄まってしまいます。

髪の水分をタオルで取り、それからトリートメントを塗る、この作業で仕上がりが変わります。ぜひお試しを。


②特に傷みが気になる髪には……


 毛先を重点的に塗ってから髪の中程へ。

根本にはトリートメントはつけなくてもかまいません。


目の粗いくしでなじませると、トリートメントが髪にまんべんなく行き渡ります。この後、毛先をにぎるようにして揉み込むとより効果的。このまましばらく放置した後、しっかりすすぎます。一連の作業を毎日行いましょう。




3,髪をしっかり乾燥させる


 お風呂上がりにドライヤーを掛けて、中途半端に乾いた髪はキューティクルが開いた状態です。そのまま眠ると枕との摩擦で髪が傷みます。さらには雑菌が繁殖し、ニオイが出るなどの心配も。自然乾燥に頼らず、しっかりドライヤーで乾かしましょう。


①まずはタオルドライをしっかりと


 タオルで頭皮と髪の水分をしっかり取ります。頭皮を押さえて優しく揉むように水気を取り、毛先をタオルで包んでぎゅっとにぎります。この後、タオルで毛先をポンポンと叩くようにしてから粗いくしで全体をとかします。

ここまでしたら、ドライヤーをかけ始めます。


②乾かす順番を意識して


 髪の根元からドライヤーを当て、クセがつきやすい前髪→乾かしにくい後頭部→側頭部・耳の前の順番に乾かします。なかなか乾かないからと同じ場所に温風をかけると髪が傷みます。少しずつドライヤーを移動させて乾かし、最後は冷風をかけましょう。







それでも色あせが気になるときは…


 上記のケアをしてもやっぱり気になるときには、洗い流さないトリートメントを使いましょう。より染料や栄養分が流れ出にくくなり、美しい色、ツヤ、手触りをキープできます。


朝はスタイリング時に、夜はお風呂上がりのドライヤー前につけるのがおすすめです。


特に髪のパサつきが気になる時は、ドライヤーの前後にミストタイプやミルクタイプを重ねてつけるというワザも効果的です。熱や紫外線によって色が落ちることもありますので、ヘアアイロンを使いすぎない、ヘア用UVスプレーをかけるという手もあります。


 また、カラーリングをするにしても、色落ちしやすいカラー、色落ちしにくいカラーがあります。一般的に、アッシュ系・マット系・赤ピンク系は落ちやすく、ブラウン系、ブルー系など暗めの色は落ちにくい傾向があります。落ちた後の色みも計算して染めることもできますので、美容師に相談を。



ここまですれば、かなり色あせを防げるはずです。日々のケアを充実させてカラーリングした髪をお楽しみください。




  • 2019.06.17
  • 11:00

シャンプーも無添加がいい!? オーガニックシャンプーのススメ

オーガニックの野菜やパスタ、オーガニックワインを選ぶ人が増えてきています。

実はシャンプーにも、オーガニックシャンプーと呼ばれる無添加のものがあることをご存じでしょうか? 
 オーガニックとは、化学物質や農薬を使っておらず、添加物が入っていないものを指します。
無添加のオーガニックシャンプーは髪や地肌にやさしい印象をお持ちの人もいるでしょう。

そこで、オーガニックシャンプーとはどんなシャンプーなのか、その特徴と魅力についてご紹介します。


オーガニックシャンプーとは?




野菜などの食料品や化粧品でも、「オーガニック」を売りにした商品が登場し、人気を集めています。そもそもオーガニックとは、化学肥料などを使っていない有機栽培のもの
のことで、保存料や着色料などの添加物を入れていないものを指します。
 化粧品などの場合、有機栽培された植物を原材料として作られているものがオーガニック認定されています。

 オーガニックシャンプーの場合も同様で、有機栽培された植物の成分を配合したり、防腐剤などの添加物を配合していないのが特徴です。

 オーガニックシャンプーの場合、保湿成分や香りも、天然のエッセンシャルオイルを採
用しているものが少なくありません。そのため、オーガニックシャンプーは髪や地肌への刺激が少なく、やさしい使い心地だと考えられています。



シャンプーの場合の無添加とは?

 オーガニックシャンプーと合わせて、よく耳にするのが「無添加」「無添加シャンプー」というキーワードです。無添加とは、添加物を使用していないこと。

シャンプーで無添加という言葉を使う場合、髪や頭皮に刺激となるような成分を配合していないシャンプーをいいます。通常、市販のシャンプーには、汚れを落とすために、界面活性剤が使用されています。シャンプーに多いのは、石油系の界面活性剤で、刺激が強いのが特徴です。
ラウリル硫酸Na、ラウリル硫酸カリウムといった「硫酸系」の成分が、市販の低価格のシャンプーによく使われています。

これらは、泡立ちがよく、洗浄力が高いため、スッキリ
と髪や頭皮の汚れを落としたい人にはもってこいかもしれません。しかし、それゆえに、髪や地肌にやさしくないのが難点です。ほかにも、香料や防腐剤として添加物が含まれて
いるシャンプーがあります。


なぜオーガニックシャンプーがいいの?

 ではなぜ、オーガニックシャンプーがいいのでしょうか? 

それはやはり、髪や地肌に対して、やさしい成分を使っていることでしょう。
食品や飲み物で、オーガニックを選ぶ理由は、毎日食べるものだから、口に入れるものだから、余計な添加物を入れていないことが安心材料になるから。

シャンプーも同じく、毎日、使うものだから、地肌に触れるものだから、より安心して触れられるものを選びたいもの。

そうした心理から、オーガニックシャンプーを選ぶ人が増えています。





これまでのシャンプーは、香りがよかったり、髪がサラサラになったりという、シャンプーの使用感が重視されてきました。
逆にいえば、どんな成分が配合されているかまでは、重要視されていませんでした。

昨今では、シリコンを配合していない「ノンシリコンシャンプーがいい」「シャンプーに含まれる化学物質は、人体にも環境にもよくない」といった考えが広がるようになりました。

こうした中で、シャンプーに使われる成分についても、より安全なもの、よりナチュラルなものを望む声が高まり、オーガニックシャンプーが選ばれるようになってきたのです。

乾燥肌やアトピーなど、肌が弱い人にも、無添加のオーガニックシャンプーは、刺激が少ないため、一般的なシャンプーよりも、肌への影響は少ないと考えられます。


オーガニックシャンプーを選ぶときのポイント

オーガニックシャンプーを選ぶときに注意したいのは、日本では、正確にオーガニックの定義がされていないということです。

世界ではオーガニック認証機関(USDA)があり、この機関が認定した製品には、認定マークが付けられています。オーガニック認証マークが、製品を選ぶうえの1つのポイン
トになります。

日本製品で、オーガニックシャンプーの分野では、まだまだ発展途上にあり、自分で、製品を見極めることが大切です。

そのためには、ボトルの裏の成分表示を見ることが、オーガニックシャンプーを選ぶうえでもポイントになります。
オーガニックシャンプーのデメリットを上げるとすると、余計な成分を入れていないがために、泡立ちがよくない、香りがあまりしないといった点です。また、市販のシャンプーに比べ、原材料にこだわっていることから、やや価格が高いこともあります。

こうした点も含めて、まずは1度オーガニックシャンプーの使い心地を試してみてはいかがでしょうか。

  • 2019.06.07
  • 10:52

美髪を目指すならこれをチェック! 毎日使うシャンプー、髪に良い成分は?

理想とする髪はどんな髪?


 あなたが理想とする髪はどんな髪でしょうか。さらさらと流れるような髪、毛先までつややかにまとまる髪など、理想の髪は、シャンプー選びでかなり実現することができます。


では、どのようなシャンプーを選べば良いのか考えていきましょう。





シャンプー選びの基準となる成分は?


 そもそもシャンプーにどんな成分が入っているのか、容器に記載された成分表をチェックするとわかります。成分表には含有量が多い順に記載されていますが、主な成分は洗浄成分とコンディショニング成分です。


 洗浄成分は、その名の通り汚れを落とすもの、界面活性剤がメインで、油分と水分を乳化させて頭皮や髪の汚れを洗い流しやすくします。コンディショニング成分はすすぎ時の摩擦を防ぎ、髪の傷みを少なくします。この2つの主成分に、頭皮ケア成分や増粘剤、毛髪保護剤、防腐剤、香料などが加えられています。


 そして、シャンプーの中では洗浄成分が3040%と特に大部分を占めます。つまり、洗浄成分をチェックすればシャンプーの特徴がわかり、あなたに合うシャンプーが選びやすくなるはずです。




髪と頭皮に良い洗浄成分はどれ?




 シャンプーは、洗浄成分の違いによりアミノ酸シャンプー、高級アルコール系シャンプー、石けん系シャンプーに分かれます。


あなたが今お使いのシャンプーはどれか、そしてこれからどのシャンプーを使えば良いか、チェックしてみましょう。



○アミノ酸シャンプーの特徴


 アミノ酸系の界面活性剤を主成分としているもの。洗浄力がおだやかで保湿力が高く低刺激。髪や頭皮にやさしく洗い上げる。反面、髪のボリュームが出にくい面もある。


<成分表示をチェック!>


・メチルアラニン

・メチルタウリン

・ベタイン

・ココイル

・グルタミン酸

・グリシン  など


これらの表示があるのがアミノ酸シャンプー。いくつかを組み合わせていることもある。




○高級アルコール系シャンプーの特徴


 石油由来の界面活性剤を使用。洗浄力が強く、整髪料をしっかりつける方、さっぱりした洗い上がりを好む方にはオススメ。市販のシャンプーの約8割が該当。

比較的低価格のものが多い。


<成分表示をチェック!>


・ラウリル硫酸ナトリウム

・ラウレス硫酸ナトリウム

・ラウレス硫酸アンモニウム  など


以上の成分が入っていると、高級アルコール系に分類される。



○石けん系シャンプーの特徴


 石けんが主成分で洗浄力が強く、地肌の健康や環境負荷を意識するナチュラル派に好まれている。慣れるまでは髪のきしみが気になることも。


<成分表示をチェック!>


・石けん素地(カリ石けん素地)

・石けん分(純石けん分)

・脂肪酸ナトリウム

・脂肪酸カリウム  など

「水、石けん素地」のみのシンプルなものと、保湿剤や酸化防止剤を添加し使いやすくしたものがある。



 実は、洗浄力が強いものを使うと、頭皮の脂を取り過ぎてフケや湿疹などのトラブルにつながる可能性もあります。シャンプー後の爽快感は捨てがたいですが、髪の傷みや頭皮の荒れなどが気になる方、美髪を目指す方はアミノ酸シャンプ

ーをチョイスしましょう。


 ノンシリコンシャンプーも話題になりましたが、「シリコン」にもメリットデメリットがあるため、髪質やニーズに合わせて選ぶことが大事です。


【合わせて読みたい】

「最近話題のノンシリコンシャンプーとは? 髪にやさしい理由」




本当は必要ないのでは? 気になるあの成分をチェック!




 温度も湿度も高い浴室内で、細菌の発生を防ぐために入っているのが防腐剤。


主に使われているのが「メチルパラベン」や「エチルパラベン」です。これらは肌トラブルの原因にもなるとも言われ「パラベンフリー」という商品もあります。

しかし、大抵の製品ではパラベンの使用上限が守られており、ほぼ影響はありません。

「パラベン(防腐剤)フリー」とあっても、パラベン以外の防腐剤が入っていて、それが肌荒れの一因になることも。


安全性が高いと言われるパラベン入りのものを選んだ方が良いでしょう。




アミノ酸シャンプー選び、ちょっと待って!


 美髪を目指すために良い成分のキーワードは、洗浄成分・アミノ酸であることをおわかりいただけたかと思います。


しかし、ここで気をつけたいのが、手に取ったシャンプーが本当に「アミノ酸シャンプー」であるかどうか。


 元々アミノ酸は原価が高く、その結果アミノ酸シャンプーの販売価格は高めになります。それでもお手頃価格のアミノ酸シャンプーが存在しますが、それは、他の安価な洗浄成分にアミノ酸を少量加えて「アミノ酸配合」と謳っているだけ

かもしれません。


アミノ酸が成分表の冒頭の方に書かれているか、しっかりチェックして見極めてください。



髪や頭皮の状態は人それぞれです。また、季節や髪型によっても揺らぎがあるもの。いろいろなシャンプーを試し、これぞという一本を見つけてください。

  • 2019.06.06
  • 11:08

最近話題のノンシリコンシャンプーとは? 髪にやさしい理由

 最近よく耳にするようになった「ノンシリコンシャンプー」。そもそも、シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーとどう違うのでしょうか。
 ノンシリコンシャンプーは、シリコンを使っていないシャンプーのことで、髪にやさしいなどという理由から、人気を得ています。そこで、ノンシリコンシャンプーの特徴から、メリットやデメリットまで解説します。


そもそもシャンプーに含まれるシリコンとは?

 ノンシリコンシャンプーとは、シリコンが入っていないシャンプーのこと。では、シリコン(正式名称はシリコーン)とは、どのようなものかというと、これは合成高分子化合物の総称です。シリコンは、とろみのある油のようなシリコンオイルと呼ばれる状態で配合され、髪質をよくするコーティング剤のような役割を果たしています。




シリコンは、水や汗をはじくような働きをすることから、ヘアケア製品のみならず、スキンケア用品など化粧品にも使われています。

ではなぜシャンプーに含まれているかというと、髪の表面をコーティングして、キューティクルがはがれたり、切れ毛ができたりするのを予防することができるからです。コーティング剤としての役割がありますから、髪をしっとりとまとめて、髪触りがよくなるというメリットがあります。

シリコンが髪をコーティングするのはいいのですが、剥がれ落ちるときに、髪のキューティクルを傷つけかねません。さらに、シリコンがコーティングしていると、髪に栄養分が浸透しづらいため、長期間に渡り、シリコンシャンプーを使っていると、水分や栄養分の吸収を妨げ、ダメージヘアの元になることが考えられます。。そのため、シリコンを使っていないノンシリコンシャンプーのほうが、髪や地肌にやさしいと考えられます。

 ほかにも環境への影響から、シリコンは悪者扱いされる傾向にあります。家庭で排出される汚れた水は、下水処理場で微生物によって分解されますが、シリコンは微生物によって分解できず、そのため、処理できないと考えられています。



ノンシリコンシャンプーのうれしい特徴


 上記のような理由から、シリコンをシャンプーに使っていないノンシリコンシャンプーが注目されるようになりました。

 ノンシリコンシャンプーの場合、シリコンが髪をコーティングしてしまうことがないため、髪に軽さが生まれ、カラーリングやパーマがしっかりかかり、持続するというメリットもあります。

シリコンが配合されたシャンプーの場合、しっかりすすがないと、毛穴にシリコンが付着するなどして頭皮トラブルを招く可能がありますが、ノンシリコンシャンプーの場合、そのような可能性が少ないと考えられます。




ノンシリコンシャンプーを使うことでの変化



 シリコン配合のシャンプーから、ノンシリコンシャンプーに変えると、髪の感触が変わることに気がつくかもしれません。

 今までシリコンによってコーティングされていた髪が、コーティングされていない状態になりますから、手触りが軽く感じられるかもしれません。 

ノンシリコンシャンプーのデメリットとしては、シリコンによるコーティングをしていない分、ヘアアイロンやドライヤーの熱に弱く、髪がきしんだり、摩擦でキューティクルが傷んでしまうことです。

 ただ長期的な目線でいえば、コーティングされていないことで、シャンプーに含まれる成分が、髪や地肌に浸透しやすくなるため、髪を芯から強くしていくことができるとも考えられます。



大事なのは、ノンシリコンシャンプーの選び方


 注意したいのは、ノンシリコンとうたっていても、シリコンとは別のコーティング剤を使っている場合があることです。そのため、注意してみておきたいのが、ノンシリコンシャンプーの成分です。


 シリコンに代わって、どのような成分で、髪をダメージから守るのか。ノンシリコンシャンプーと一口にいっても、それぞれ含まれている成分や特徴は異なりますから、それぞれのノンシリコンシャンプーの特性を見極めることが大切です。


 シリコン配合によるメリットもあるわけですから、シリコンシャンプーかノンシリコンシャンプーかどちらがいいかは、髪質やニーズに合わせて選ぶのがいいでしょう。

 ノンシリコンシャンプーは、シリコンが入っていないことで、軽くサラサラした仕上がりになりますので、そのような使用感が好きな人には向いているかもしれません。

また、ノンシリコンシャンプーには、無添加・無着色など、自然や天然に近い成分を売りにしているシャンプーもあります。髪にやさしいシャンプーを選びたい人にも、ノンシリコンシャンプーは、おすすめだといえるでしょう。





  • 2019.06.06
  • 11:08

ボトルの裏を見てズバリ解析! シャンプーに入っていると良い成分、悪い成分

シャンプーを選ぶときに、やはり気になるのが、どんな成分が入っているかでしょう。口コミやパッケージの印象で、シャンプーの良し悪しを判断しがちですが、それらと合わせてぜひチェックしたいのが、シャンプーのボトルの裏に書いてある成分表示です。これを見れば、どんな成分が入っているのかが一目瞭然です。また、ご自分の髪質や頭皮の状態に合うかどうかも、シャンプーに含まれている成分によって変わってくるでしょう。


そこで今回は、シャンプーに入っていると良い成分、悪い成分についてご紹介します。




シャンプーの成分は大きくわけて5種類ある


 シャンプーのボトルの裏を見ると、含まれている成分がすべて明記されています。

通常、シャンプーを販売する場合、成分をすべて明記しなくてはならないからです。成分は多く含まれるものから順に書かれています。


 シャンプーに最も多く含まれているのは、通常、水で、50%以上の割合を占めています。次に多く含まれているのが、洗浄成分です。この洗浄成分はシャンプーごとに違い、汚れ落ちや、髪触りなど、洗い上がりの違いに影響してきます。

洗浄成分は、大きくわけて、次の5つの種類があります。



<シャンプーの主な洗浄成分>



1.高級アルコール系(ラウリル硫酸Na、ラウリル硫酸カリウムなど)


2.アミノ酸系(ココイルグルタミン酸,、ココイルアラニンなど)


3.石鹸系(ラウリン酸Na、オレイン酸Na、ステアリン酸Naなど)


4.保湿力の高いベタイン系(コカミドプロビルベタイン、 ラウロイルプロビルスベタイン、 ココアンホ酢酸など)


5.天然系(カゼイン、レシチン、サポニンなど)



1の高級アルコール系は、スーパーやドラッグストアで売られているような市販のシャンプーに多く含まれている成分です。

2のアミノ酸系は、近年、注目さている成分です。髪の毛の成分であるタンパク質は、アミノ酸で構成されています。そのため、アミノ酸系のシャンプーは髪と同質で、髪にやさしいと考えられています。

3の石鹸系の洗浄成分は、洗浄力と安全性に定評があります。

4のベタイン系と呼ばれる成分は、保湿力の高さが特徴です。

5の天然系は、やさしい使い心地を求める人に向いています。



シャンプーに含まれていると良い成分


 上記の5つの成分のうち、シャンプーに含まれていて、良い成分と考えられているのは、どれでしょうか。


 2のアミノ酸や3の石鹸系、4のベタイン系や5の天然系です。肌が敏感な人や、オーガニックを好む人にとっては、低刺激性である2~4の成分は、含まれていても良い成分といえるでしょう。


 2のアミノ酸系のシャンプーは、髪に含まれるたんぱく質を構成するアミノ酸が使われているため、髪質を改善していくことができます。デメリットは原料が高価であるため、やや値段が高くなることです。

 4のベタイン系は、アミノ酸系よりも泡立ちがいいのが特徴です。保湿成分が含まれているため、髪のパサつきが気になる人、しっとりとした使用感を重視したい人には、4の成分は、含まれているといい成分といえるでしょう。



シャンプーに含まれていると良くない成分


 一方、あまりおすすめできない成分はどれかといえば、1のラウリル硫酸Na、ラウリル硫酸カリウムといった「硫酸系」の成分です。比較的、安く売られているシャンプーに含まれています。そのため、多くの方が使用しています。安く手に入れられることに加え、泡立ちがよく、洗浄力が高いのが「硫酸系」の成分を含んだシャンプーのメリットです。


 しかし、洗浄力が高いがゆえに、頭皮にはやさしくないのが難点です。使用する際には、しっかりとすすいで、すすぎ残しがないように洗い流すことが重要です。ただ、ここで難しいのは、必要な皮脂まで洗い直してしまう可能性があることです。そうなると、皮脂が過剰に分泌されてしまい、フケや湿疹などの頭皮トラブルを招いてしまうなど、悪循環に陥りかねません。このようなデメリットも覚えておきたいものです。 


 また成分に関連して覚えておきたいのは、昨今では、「ノンシリコンシャンプー」が登場しており、人気をえていることです。シリコンとは、髪に膜をつくるコーティング剤のことです。シリコンの入ったシャンプーが良くないとされるのは、シリコンが頭皮に残って、毛穴を詰まらせてしまうためだと考えられています。



自分に合うシャンプーを見極めること



 このように、シャンプーに入っている成分は、多岐にわたり、それぞれの成分に、メリットもあれば、デメリットもあります。大事なのは、ご自分の髪や頭皮に合うかどうかです。


 シャンプーの開発は、日々進化しており、新しいシャンプーが次々と登場しています。いろんなシャンプーを試してみるなかで、自分に合うベストの1本をぜひ見つけたいものです。そのためには、使用感だけではなく、シャンプーボトルの裏に書いてある成分表にも目を向けて、ここに挙げた注意点も思い出しながら、チェックしてみるといいでしょう。



  • 2019.06.25
  • 13:27

ページトップへ