美容コラム:ヘアケア

最近話題のノンシリコンシャンプーとは? 髪にやさしい理由

 最近よく耳にするようになった「ノンシリコンシャンプー」。そもそも、シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーとどう違うのでしょうか。
 ノンシリコンシャンプーは、シリコンを使っていないシャンプーのことで、髪にやさしいなどという理由から、人気を得ています。そこで、ノンシリコンシャンプーの特徴から、メリットやデメリットまで解説します。


そもそもシャンプーに含まれるシリコンとは?

 ノンシリコンシャンプーとは、シリコンが入っていないシャンプーのこと。では、シリコン(正式名称はシリコーン)とは、どのようなものかというと、これは合成高分子化合物の総称です。シリコンは、とろみのある油のようなシリコンオイルと呼ばれる状態で配合され、髪質をよくするコーティング剤のような役割を果たしています。




シリコンは、水や汗をはじくような働きをすることから、ヘアケア製品のみならず、スキンケア用品など化粧品にも使われています。

ではなぜシャンプーに含まれているかというと、髪の表面をコーティングして、キューティクルがはがれたり、切れ毛ができたりするのを予防することができるからです。コーティング剤としての役割がありますから、髪をしっとりとまとめて、髪触りがよくなるというメリットがあります。

シリコンが髪をコーティングするのはいいのですが、剥がれ落ちるときに、髪のキューティクルを傷つけかねません。さらに、シリコンがコーティングしていると、髪に栄養分が浸透しづらいため、長期間に渡り、シリコンシャンプーを使っていると、水分や栄養分の吸収を妨げ、ダメージヘアの元になることが考えられます。。そのため、シリコンを使っていないノンシリコンシャンプーのほうが、髪や地肌にやさしいと考えられます。

 ほかにも環境への影響から、シリコンは悪者扱いされる傾向にあります。家庭で排出される汚れた水は、下水処理場で微生物によって分解されますが、シリコンは微生物によって分解できず、そのため、処理できないと考えられています。



ノンシリコンシャンプーのうれしい特徴


 上記のような理由から、シリコンをシャンプーに使っていないノンシリコンシャンプーが注目されるようになりました。

 ノンシリコンシャンプーの場合、シリコンが髪をコーティングしてしまうことがないため、髪に軽さが生まれ、カラーリングやパーマがしっかりかかり、持続するというメリットもあります。

シリコンが配合されたシャンプーの場合、しっかりすすがないと、毛穴にシリコンが付着するなどして頭皮トラブルを招く可能がありますが、ノンシリコンシャンプーの場合、そのような可能性が少ないと考えられます。




ノンシリコンシャンプーを使うことでの変化



 シリコン配合のシャンプーから、ノンシリコンシャンプーに変えると、髪の感触が変わることに気がつくかもしれません。

 今までシリコンによってコーティングされていた髪が、コーティングされていない状態になりますから、手触りが軽く感じられるかもしれません。 

ノンシリコンシャンプーのデメリットとしては、シリコンによるコーティングをしていない分、ヘアアイロンやドライヤーの熱に弱く、髪がきしんだり、摩擦でキューティクルが傷んでしまうことです。

 ただ長期的な目線でいえば、コーティングされていないことで、シャンプーに含まれる成分が、髪や地肌に浸透しやすくなるため、髪を芯から強くしていくことができるとも考えられます。



大事なのは、ノンシリコンシャンプーの選び方


 注意したいのは、ノンシリコンとうたっていても、シリコンとは別のコーティング剤を使っている場合があることです。そのため、注意してみておきたいのが、ノンシリコンシャンプーの成分です。


 シリコンに代わって、どのような成分で、髪をダメージから守るのか。ノンシリコンシャンプーと一口にいっても、それぞれ含まれている成分や特徴は異なりますから、それぞれのノンシリコンシャンプーの特性を見極めることが大切です。


 シリコン配合によるメリットもあるわけですから、シリコンシャンプーかノンシリコンシャンプーかどちらがいいかは、髪質やニーズに合わせて選ぶのがいいでしょう。

 ノンシリコンシャンプーは、シリコンが入っていないことで、軽くサラサラした仕上がりになりますので、そのような使用感が好きな人には向いているかもしれません。

また、ノンシリコンシャンプーには、無添加・無着色など、自然や天然に近い成分を売りにしているシャンプーもあります。髪にやさしいシャンプーを選びたい人にも、ノンシリコンシャンプーは、おすすめだといえるでしょう。





ページトップへ