美容コラム:ヘアケア

シャンプーも無添加がいい!? オーガニックシャンプーのススメ

オーガニックの野菜やパスタ、オーガニックワインを選ぶ人が増えてきています。

実はシャンプーにも、オーガニックシャンプーと呼ばれる無添加のものがあることをご存じでしょうか? 
 オーガニックとは、化学物質や農薬を使っておらず、添加物が入っていないものを指します。
無添加のオーガニックシャンプーは髪や地肌にやさしい印象をお持ちの人もいるでしょう。

そこで、オーガニックシャンプーとはどんなシャンプーなのか、その特徴と魅力についてご紹介します。


オーガニックシャンプーとは?




野菜などの食料品や化粧品でも、「オーガニック」を売りにした商品が登場し、人気を集めています。そもそもオーガニックとは、化学肥料などを使っていない有機栽培のもの
のことで、保存料や着色料などの添加物を入れていないものを指します。
 化粧品などの場合、有機栽培された植物を原材料として作られているものがオーガニック認定されています。

 オーガニックシャンプーの場合も同様で、有機栽培された植物の成分を配合したり、防腐剤などの添加物を配合していないのが特徴です。

 オーガニックシャンプーの場合、保湿成分や香りも、天然のエッセンシャルオイルを採
用しているものが少なくありません。そのため、オーガニックシャンプーは髪や地肌への刺激が少なく、やさしい使い心地だと考えられています。



シャンプーの場合の無添加とは?

 オーガニックシャンプーと合わせて、よく耳にするのが「無添加」「無添加シャンプー」というキーワードです。無添加とは、添加物を使用していないこと。

シャンプーで無添加という言葉を使う場合、髪や頭皮に刺激となるような成分を配合していないシャンプーをいいます。通常、市販のシャンプーには、汚れを落とすために、界面活性剤が使用されています。シャンプーに多いのは、石油系の界面活性剤で、刺激が強いのが特徴です。
ラウリル硫酸Na、ラウリル硫酸カリウムといった「硫酸系」の成分が、市販の低価格のシャンプーによく使われています。

これらは、泡立ちがよく、洗浄力が高いため、スッキリ
と髪や頭皮の汚れを落としたい人にはもってこいかもしれません。しかし、それゆえに、髪や地肌にやさしくないのが難点です。ほかにも、香料や防腐剤として添加物が含まれて
いるシャンプーがあります。


なぜオーガニックシャンプーがいいの?

 ではなぜ、オーガニックシャンプーがいいのでしょうか? 

それはやはり、髪や地肌に対して、やさしい成分を使っていることでしょう。
食品や飲み物で、オーガニックを選ぶ理由は、毎日食べるものだから、口に入れるものだから、余計な添加物を入れていないことが安心材料になるから。

シャンプーも同じく、毎日、使うものだから、地肌に触れるものだから、より安心して触れられるものを選びたいもの。

そうした心理から、オーガニックシャンプーを選ぶ人が増えています。





これまでのシャンプーは、香りがよかったり、髪がサラサラになったりという、シャンプーの使用感が重視されてきました。
逆にいえば、どんな成分が配合されているかまでは、重要視されていませんでした。

昨今では、シリコンを配合していない「ノンシリコンシャンプーがいい」「シャンプーに含まれる化学物質は、人体にも環境にもよくない」といった考えが広がるようになりました。

こうした中で、シャンプーに使われる成分についても、より安全なもの、よりナチュラルなものを望む声が高まり、オーガニックシャンプーが選ばれるようになってきたのです。

乾燥肌やアトピーなど、肌が弱い人にも、無添加のオーガニックシャンプーは、刺激が少ないため、一般的なシャンプーよりも、肌への影響は少ないと考えられます。


オーガニックシャンプーを選ぶときのポイント

オーガニックシャンプーを選ぶときに注意したいのは、日本では、正確にオーガニックの定義がされていないということです。

世界ではオーガニック認証機関(USDA)があり、この機関が認定した製品には、認定マークが付けられています。オーガニック認証マークが、製品を選ぶうえの1つのポイン
トになります。

日本製品で、オーガニックシャンプーの分野では、まだまだ発展途上にあり、自分で、製品を見極めることが大切です。

そのためには、ボトルの裏の成分表示を見ることが、オーガニックシャンプーを選ぶうえでもポイントになります。
オーガニックシャンプーのデメリットを上げるとすると、余計な成分を入れていないがために、泡立ちがよくない、香りがあまりしないといった点です。また、市販のシャンプーに比べ、原材料にこだわっていることから、やや価格が高いこともあります。

こうした点も含めて、まずは1度オーガニックシャンプーの使い心地を試してみてはいかがでしょうか。

ページトップへ